歩く事の効果:よい睡眠に導く

散歩や健康ウォーキング、そのようなものをすべて含めて、歩く事そのものには良い睡眠に導く効果があります。

時間や歩数を目安にすることもひとつですが、ゆっくり歩き→早歩き→ゆっくり歩きというように緩急をつける歩きは自律神経を整える効果もあり、精神的面や睡眠面で私がおススメしている歩き方です。

もちろん、外歩きで五感で自然を楽しむ事はリラックス効果があり、不安や興奮から、私たちを遠ざけてくれます。

脳や頭が優先になりがちのときこそ、歩きを楽しみませんか?

誰もが当たり前にしている歩くことは、自分で自分を整える良い方法です。

>>子供も大人も知って得する「姿勢オンライン講座」

>>歩き方を通して身体の癖と内面心理を読み解きます「歩き方診断」

>>メルマガ「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」

>>お問い合わせやご依頼はこちらから

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP