歩くことで心臓を強化する

ウォーキングは比較的軽い運動のため、心臓や肺に負担をかけずに心肺機能を高めることができます。

また参考までですが、ハーバード大学の研究結果では「1週間に15キロ以上歩けば確実に心臓の健康状態を良くする効果がある」とでているそう。

7日で15キロということは1日平均2.2キロ程度。時間にすると30分程度といったところでしょうか。

数値で見るとクリアできそうで現実的な数値ですね。

加えて、猫背は肺を圧迫し呼吸が浅くなりますので、朝一番に猫背改善体操をして一日を姿勢良くスタートすると、酸素も吸い込みやすく爽快なスタートがきれます 。

なにより新鮮な空気を胸いっぱいにすい、濁った空気を吐きだすことで、心までリセットされますね!うん、スッキリ!

一日一日を爽快に、そして心身も健康にいい日常をお過ごしください。

>>子供も大人も知って得する「姿勢オンライン講座」

>>歩き方を通して身体の癖と内面心理を読み解きます「歩き方診断」

>>メルマガ「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」

>>お問い合わせやご依頼はこちらから

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP