●柔軟で強い歩き方

気合を入れて力をいれて歩くことは、誰にでもできる。

難しいのは、適度に脱力して歩くこと。

歩く時には、四肢の力はそれほど入っておらず、ももの前側も使いすぎない。

下丹田が安定し進んでいくように歩くと、必要なところにだけ必要な時に力と安定が生まれる。

もっと楽に歩けます、もっと柔軟に。

気張らず自然体で、人間として美しく。その姿がもっとも強い姿です。

>>歩き方診断はこちらから

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP