視線の幅は思考の幅

視線の幅は思考の幅

デスクワーク、特にパソコンをする人は視線が固定されやすく、歩いている時も視界が狭くなっています。

会社の行き帰り、ランチで外にでたら、やや上、左右をみながら歩いてみましょう。

広さ、深さ、大きさを感じながら歩くことで、縮こまった身体と心が解放されます。

>>「歩き方診断」~身体のクセ・心のクセを知り、自分らしい未来に生かしていきませんか~。

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP