リュックで猫背になる?猫背が気になる人に知っておいてほしいポイント

backpack-1836594_640

スーツにリュック。

一昔前では考えられなかった光景ですが、今はスーツにリュックを使っている方が増えています。

姿勢や歩きの観点からいっても、ショルダーバックや思い荷物を片方の方にかけているよりも断然おススメ、ではあります。

でもリュックを背負っている人が首を前にして歩いている姿を見たことがありませんか?

むしろ、リュックを背負うことで姿勢や歩きが悪くなることがあります。

ではどうすればよいのでしょうか。

【対策】

①リュックの肩ひもを自分の体形に合わせる。

ここは盲点です。買った時の長さのまま使っている方はとても多いし本人も気が付いていません。自分の体形に合わせて肩ひもを合わせましょう。最近は長めにしてお尻のあたりに荷物が来るように背負っている方も多いですが、姿勢や歩きの観点からいえばこれはおススメできません。

②背中のあたり部分がやわらいものは避ける

背中に当たる部分がやわらかい場合、ふにゃッと曲がってしまうんです。しかも肩ひもを短くしても曲がる。結果、カッコ悪い上に姿勢も悪くなります。背が硬めのもの、またはパソコンなどを背中側に入れて硬さを出してください。

③荷物の入れ方を工夫する

重いものは下、軽いものは上。山登りと同じです。左右差にも注意してください。片方に重さが寄ることがあります。 このようなことを気を付けるだけでもリュックによって姿勢や歩きがおかしくなることが減ってきます。

以上です。

自分のリュックはどうかな・・背負って確認してみてくださいね。

自分の身体に合ったリュックと歩き方が身につけば、もっと毎日が楽になります。

身体も身体も軽くして、いい毎日を送ってくださいね!


歩き方や姿勢など直接相談したい方はこちら。

>>30分無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP