ウォーキングと筋トレを組み合わせ効果を最大限に

ウォーキングをしている人には少しショックかもしれませんが、ウォーキングだけでは、筋肉を増強することはできません。

よく「ウォーキングで筋肉は鍛えている」「一日〇歩いているから、大丈夫」と考えられがちかもしれませんが、ウォーキングは有酸素運動であり筋持久力(長く運動をし続けられる筋力)はつきますが、筋肉増強には筋トレを組み合わせることが有効です。

筋トレとは筋肉トレーニングの総称で、そのやり方は様々です。ダンベルなどの道具を使うものや自重(自分の体重)を使って行うものもあれば、ゆっくり動かすことで効果を高めるスロートレーニングなどありますが、ウォーキングに適した筋トレはやはり下半身に対して行うものが良いですね。

私はその中でもレジスタンス運動を取り入れる事が多くあります。例えばスクワットは自重を使ったレジスタンス運動で、私も良く取り入れます。ひざに痛みなどがなればぜひ取り入れたいひとつです。

音声では実際に私がよく取り入れているレジスタンス運動もご紹介しています。10分ほどですので”ながら聞き”でぜひ↓

音声でも話していますが、目的と意識をもってその筋肉を動かすことが効果をあげるにあたって大切なこと。そして自分にあったウォーキングに筋トレを取り入れる事で、もっと元気で健やかに毎日を送ることできます。

歩き方診断では、あなたにあった元気になるレジスタンス運動もご指導していますので、まずはご相談ください。

30代後半、40代という中高年以降になればウォーキング+筋トレは生きていくのに必須といってよいでしょう。健やかに元気に!いつも頑張る姿を応援しております。


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP