おうちでできるウォーキング、その注意点

「寒い冬に歩きに外に出るのはおっくう」そう思いませんか?

おうちの中でできるウォーキングといえば「足踏み」です。身体のバランス感覚を養い下半身の筋肉を強化しますからおすすめです。

足踏みはこちらのブログでもご紹介しています。

いろいろな足踏みがありますが、この足踏みを行う時の注意点があります。

<ここがポイント!おうちで足踏みの注意点>

  • 足は股関節まで:足を高く上げたくなる気持ちも分かりますが、ここでは股関節までで留めておきましょう。むしろ股関節の高さで留めるという筋肉のコントロールだと思ってください。一定の高さを保って足踏みを続けます。
  • リズムを一定に保つ:足踏みをするとリズムが早くなりがちです。こうなると息が上がり長く続けられません。早くすることが目的ではありませんから、脈拍(60~80回/分)をひとつの目安にしておきましょう。
  • 姿勢をキープする:足をあげると自然に腰が丸まりやすいものです。そのため、とにかく足を高くあげようとすると上半身の姿勢が崩れがち。足の高さは股関節までで留め、上半身はまっすぐキープしてくださいね。

いかがでしたか?

寒い冬も、身体も脳も鍛えて春に思いきり外に出られる準備をしておきましょう。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP