質問:だらだら歩いているだけでも運動になっていますか?

「なんとなくだらだら歩いているだけでも運動になっていますか?」という質問を頂きましたので、こちらで私の回答をシェア致しますね。

私の回答としては「はい、なっています。」

歩くためには立つ必要があり、立つことだけでも骨への刺激、下半身の筋肉の強化に加え、バランスを保つように脳や神経や働きます。歩くとなればなおさらのこと。

だらだらでもとぼとぼでも、歩くことそのものは運動ですとお話しています。

もっと言えば、日常生活こそ運動です。

料理も洗濯を干すのも立ちっぱなし、掃除や片づけは歩きます。

ただ、運動強度は低いため、より強度をあげ、より効果的に身体の機能を向上させようと思えば、”意識的に”身体を動かす必要はあります

例えば、洗濯を干すという動きは、肩より上に腕をあげる数少ない機会。

洗濯ものを洗濯棒にかける時に、少し肩甲骨同士を寄せるようにしてあげれば、 肩甲骨周りを動かすことができ 肩周りをより柔らかくできます。日常生活をより効果的なストレッチタイムにできるわけです。

歩くことも、後ろ足の蹴りだしを意識して歩くことで、スピードが上がり、だらだら歩きとは違う筋肉を使うことができます。

このように、日常の動きの質をひとつひとつあげていくことで、日常生活はより身体を快適にする運動・ストレッチの時間になっていきます。

こうなれば、きっと日常生活をおくるだけで痩せるのでないでしょうか。

日常の歩く時間をより効果の高い運動の時間にして、もっと快適になっていきませんか?

歩き方を学ぶことは、フォーム(型)だけではなく、身体の使い方を学ぶことです。

歩き方を一度学ぶと、きっと日常の自分の身体や自分自身にもっと関心もでてくるはず。

歩きを学びたいと思ったら、篠田を思い出してくださいね!


☆2021年5月レッスン・講座情報はこちらから。

>>5月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP