区役所アート①:中野区役所

生類憐みの令で綱吉が設けた犬屋敷(野犬保護施設)は、中野が最も大規模なものだったそう。

1695年に始まった令は綱吉の死去により15年で終了したものの、それまで今の中野区役所やJR中野駅を中心に十万頭が保護飼育されていたということで区役所には今もその歴史が刻まれています。

江戸城から歩いて約2時間の中野一帯に広がる犬屋敷は、どれほどのものだったのでしょうね。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP