姿勢を良くしようとすると背中が痛い!?

「姿勢を良くしたいと思って頑張っているんだけど、背中が痛くなる」ということはありませんか?

自分にあった姿勢は身体に負担をかけない姿勢ですので、もし背中が痛い!ということがあれば、これは実は身体に負担をかけている姿勢ということになります。

ではどうして背中が痛くなるのでしょうか。そこに自分にあった姿勢のヒントが隠れているんです。

まず横からみた時に、骨盤の真上に肋骨があると思ってください。

背中が痛くなるという事は、肋骨が前に出すぎていて骨盤の上に肋骨がのっていない状態になります。形としては背中を反らして胸を突き出す状態になるため、身体にとっては無理がかかっています。

姿勢を良くしようとして胸を反らせた結果、本来の背骨や筋肉の状態ではなくなるので、痛みがでてしまうのですね。

姿勢を良くしようとした時に意識して頂きたいのは、背中を始め後ろ側です。

姿勢も歩きも後ろ側がキモ、なんですね。

姿勢を良くしたいと思ったら後ろ側を広く伸ばすように意識してみてください。

きっとまた違った体感覚がありますよ!

そしてやっぱり自分にった姿勢が分からないな・・ということでしたらどうぞお気軽に篠田までご連絡ください。

もっと楽に身体にあった良い姿勢を手に入れて快適に過ごすことができますよ!


コースの内容やどのコースが良いか直接相談したい方はこちら。

>>無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?日常の歩くことから心身を整えます。

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP