転倒しないために。疲れを感じるちょっと手前に気をつけよう

どんなに最初は元気でも、1時間くらい歩くと足取りが変わりつまづきやすくなります。

「疲れた」と自分で認識するそのちょっと手前。

そこが思わぬ転倒やフラつきに繋がることもあります。

きっとそこに至るまでに、小さなつまづきもしているはずでそれが「疲れてきたよ」の合図です。

20、30分でウォーキングの効果を得られますので30分に1回休憩するくらいでも○

季節の変わり目など、体調をよく観察し楽しく健やかなウォーキングを!


☆2021年5月レッスン・講座情報はこちらから。

>>5月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP