歩く事の効果:骨を強化する

ご存じでしたか?歩く事で、骨を強化できるんです。

骨にはカルシウムが必要ですが、カルシウムだけでは骨は強化できません。カルシウムを効率よく骨にするには、骨への適度な刺激が必要です。

例えば”立つ”という事自体、身体の重みを骨で支えることになり負荷をかけるので骨が強くなります。また筋肉を鍛えることにもなり、二本足でたつのでバランスも必要になりますし、”立つ”だけでも身体を使うことになるのです。

歩く事はさらに積極的に骨を強化していきます。

一歩一歩、片足に体重をかけながら歩く事で、立っている時よりも数倍も片足にかかる重みが変わってきます。

また、地面に着地する時の刺激が、骨を強くするのです。

例えば高齢者施設の体操では、骨の強化のために、イスに座ったままでつま先を縦てかかとトントン体操をすることもあるのです。

さらに日光にあたることで、体内にビタミンDがつくられ、カルシウムの吸収を助ける役割をします。

ですので、外で日光をあびながら、早め大幅で歩けば、更に刺激が強くなるのでGood。

骨は筋肉と違って状態が分かりませんから、日々の歩きで刺激を与えて、骨からも健康!になってまいりましょうね。

骨がしっかりしていれば、身体の軸もしっかりしてきます。

イイ身体を、日常から作っていきましょう!

>>子供も大人も知って得する「姿勢オンライン講座」

>>歩き方を通して身体の癖と内面心理を読み解きます「歩き方診断」

>>メルマガ「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」

>>お問い合わせやご依頼はこちらから

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP