転倒を恐れず、外に出る一歩を楽しくするために

「転倒」は骨折に繋がり、引きこもりや寝たきりに繋がる、と聞いたことはありますか?

特に年齢を重ねてからは、転倒するのが怖くて、外出を控えるという方も多いと思います。

「転倒予防」の為の体操や身体を鍛えることはとても大切。

加えていうなら

「転倒した時に、対応できる身体」について考えることも大切だと思っています。

どんなに気を付けて転倒してしまうことはあります。

その一瞬に

  • 手を開いて、手で身体をかばえるか(手はパーにできる?手首は曲がる?)
  • 頭や顔をかばえるか(身体をねじれる?首は動く?)

など、身体がちゃんと動いてくれるかも大切ということなんです。

転倒予防というと、足があがるかということに話が集中することもありますが、このような身体全体の動きも大切なんですね。

外にでる一歩が楽しく、イキイキと楽しくお仲間と時間が過ごしていきませんか。

転倒予防、転倒後対応できるための楽しい体操で、その外に出る一歩が楽しいものになりますよう、年齢に関係なく外に出ていきたい!を応援しています。

>>講演・団体様の体操などお問い合わせはこちらからお気軽にして頂けます

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP