靴の大きさに合わせて足が広がってしまう可能性とは

先日配信したボイスメディアvoicyの「疲れない歩きやすいスニーカーの選び方」、お聞き頂けましたか? この記事では、voicyの補足、でもこの記事を読んだだけでも役に立つ話をしていきます。

大きなサイズのスニーカーは、いっけん楽に感じます。しかもスニーカーであれば、多少大きくても履きこなせてしまいます。 その結果、靴の大きさに合わせて足が広がってしまう可能性がある、とvoicyでも話しました。

「 靴の大きさに合わせて足が広がってしまう可能性とは 」

例えば歩き方がぺたぺたしている、だらだら歩くなど、しっかり足と足裏の筋肉を使っていないことや加齢などが原因で足のアーチは崩れ始めます。足が横に広くなり4Eなどの幅の広い靴でないと足が痛む、ということになります。

もし、この時足に合った靴を履いていると「きつくなってきた」ことを感じられ、改善のために歩き方を見つめ直したり、施術や病院でみてもらう等手をかけます。これによりできうる限り良い状態をキープできるのです。

しかし、はなから大きなサイズを履いていると、歩き方やその他の原因によりアーチが崩れてきても気がつかず、さらにアーチが崩れて足の幅が広くなってしまう。よってさらに大きな靴を選ぶという繰り返しになってしまいます。

年齢を重ねるとアーチは崩れやすいものではありますが、特に

  • 周りがみんな4E。同じ4Eを履いてみたら楽だったのでそれから4Eを履くようになった
  • 自分と同じ年代の人は4Eを買っている人が多いと聞いて、自分は何Eか分からないが4Eにした。

などがあれば、足を測定し、今の足の縦幅・横幅、姿かたちをチェックしてみましょう。

足の姿かたちは、その方の人生。日々変わっていきますし遺伝や骨格も絡みます。足は本当に千差万別、だから靴選びは、とても大変ですよね。

またvoicyの中でウォーキングに良い靴をお伝えしましたが、「ジョギングやランニングのスニーカーでいはいけないのか」という質問を良く頂きます。そちらについての回答は以下のブログを参考にしてくださいね。

スニーカーはとても歩きやすい!だからこそ、今のスニーカーを見つめ直し、足にも身体にも心地よく快適ないい歩きをしてくださいね。

voicyもフォロー&いいねやコメントを頂けますと大変励みになります。

>>voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」はこちら


☆2021年4月レッスン・講座情報はこちらから。

>>4月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP