ウォーキング中の水分補給、なにをどう飲む?

春になるとウォーキングやさんぽをする機会も増えてきます。しかし、まち歩きやさんぽでは水分補給をすることをつい忘れたり、自分は大丈夫だからと水分補給しない人が多いのも事実。

水分補給はのどの渇きを潤すだけではなく、身体の不調や老化にも繋がります。今日は歩く時の水分補給に何を選んだらいいのか、どう飲んだらいいのかについてお伝えします。

<水分補給をしないリスク>

基本的にヒトの身体の60%が水分でできています。ただ誰でも同じではなく子供は70%と高齢者は50%と言われています。歳を重ねるほど水分量は少なくなるというわけです。加えて、

  • のどの渇きを感じにくい
  • トイレにいきたくない、飲みたくないなどの理由で水分を控える

などにより水分補給が滞ると脱水状態に陥りやすくなります。これは高齢者だけではなく中高年も同じです。ウォーキングくらいなら・・と水分補給を怠っていると知らず知らずに脱水状態となり、口が渇く・いらだつ・不安感という食症状から、頭痛、めまい・けいれん・嘔吐・悪寒・運動機能低下などが見られます。「ふだんから水分はとらないから大丈夫」 「飲まなくても平気な体質です」は過信です。中高年以降になれば自分の健康管理・安全管理の観点から水分補給をし、体調を整える心がけは必要でしょう。また、水分の低下は運動機能や脳機能にも影響します。日頃から水分をとることを習慣化し身体の老化も予防しましょう。

<ウォーキングに適した水分とは>

ちょっとした散歩やウォーキングでしたら水や麦茶でのどの渇きをいやしましょう。長時間歩く場合にはミネラル補給を目的にスポーツドリンクも候補になりますが、糖が含まれているため注意してください。飲み物は麦茶(ミネラルは入っており糖は入っていない)にして、さらにミネラル補給をするならば”おやつカバー”するという手もあります。ミネラル補給が簡単にできる塩飴やスポーツキャンディであればスポーツドリンクほどの糖分をとらずに済みます。私は梅干しやのし梅をおやつとして持っていくことがあります。

<水分補給のタイミング>

運動前・中・後、この3つのタイミングで補給します。運動をすることで失われる水分を運動前にあらかじめ補給し、運動中にもこまめに補給、そして運動後もこまめに補給します。運動前後のアルコールは避けましょう。運動中はのどが渇いたと思っていなくても補給します。特に冬は水分補給を忘れがち。かくれ脱水状態を起こすことがりますので季節問わず”こまめに”水分。これはスポーツをする基本のスタンスです。

また、今はマスクをして歩くことが圧倒的に多いもの。マスクをして歩けばより熱中症の危険も高まります。思っている以上にこまめに水分補給をすることは、新様式の中にあってとても重要です。水分補給をすることで立ち止まるため休憩にもなりますし、休憩がてら赤くなってほてっていないか顔色を観察することで、歩き続けるかどうか見極めもできるというものです。

<水分補給は自己管理の一環>

健康管理・安全管理は日々の基本的なことの中にあります。特にウォーキングやさんぽは誰でも気軽にできるため「自分は大丈夫」と思われやすいもの。確かに水分補給をしなくても歩けてしまうものかもしれませんが、「自分は大丈夫」「このくらいへっちゃら」「自分は健康だから」という過信をせずに、すべての人が安全に楽しく歩けるよう、水分補給に限らず自分の習慣を見つめ直してみませんか。

些細なことから、自分をもっと良い状態にしていく。その一歩になりますよ。


2021年3月レッスン・講座情報はこちらから。

>>3月レッスン・講座・イベント情報


voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝7時配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP