50代以降で気を付けたい首回し

50代に差し掛かってくると、毎朝のストレッチや定期メンテナンスが日常の体調に響いてくるようになります。

些細なことで一日が快適に送れますし、大病になる前に自分の不調に気が付きやすいので大切な時間だと思います。

ここで中高年、ご高齢の方に気を付けて頂きたいのが首回しです。

首回りはストレッチしたい部位であることは間違いなのですが、同時に神経や血管が集中しており脳に繋がっているため気を付けたい部位でもあります。

特に後ろ回しはきはふらつきやすいので、以下の事を注意して回してみてください。

  • ①目をつぶらない
  • ②前側を手のひらで押さえて、首が後ろに倒れすぎないようにする。

②について詳しく書きますと、手をクロスして鎖骨辺りに両手のひらを置きます。首を後ろに倒す時には手を下にひくようにして首が後ろに倒れすぎないようにします。

どちらもふらふき防止の意味があります。

特に中高年の方は、若い頃にふらつきを経験したことがないため、ぐいぐい回してしまいがちですが、ゆっくり丁寧にじわじわを回してくださいね!

ご高齢のご両親がいらっしゃれば、ぜひお伝えください。きっと喜んで頂けますよ!


歩き方や姿勢など直接相談したい方はこちら。

>>30分無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP