子供は歩けるようになるまで7年かかる!?

子供が歩けるようになる瞬間、とっても嬉しいですよね!

一緒に散歩をしたりお買い物にいって話しながら歩くのは、日常にある幸せな時間です。

でも実は子供がしっかり歩けるようになるまで、約7年ほどかかると知っていましたか?

ハイハイから2本足で立ち歩き始めるころは、上半身がつんのめるように前に進むため足が自然と一歩 二歩と出ていきます。(この姿がまた可愛いです)

そのうち、つんのめるのではなく足で自分の行きたい方向に歩けるようになってきます。まだ歩幅が狭く歩く時に身体が揺れ、やや不安定さが残ります。

歩き続けるうちに、体幹がしっかりできてきます。そして歩いても身体が揺れることなく歩けます。

そして時間がたつごとに、でこぼこした道も歩けるようになります。

またリュックを背負っても身体が前に丸まらず、荷物を持っても身体がぶれず歩けるようになってきて、走ることも十分にできるようになります。

これまでに約6,7年なんです。

また歩くことで、 体幹や筋肉が鍛えられる、骨に刺激が与えられ強くなる、踏み込みや足の力が養われる為小さい頃から歩くことはとても大切なんですよ!

そして、子供の頃の歩く力は生涯体力に通じますので、その後の人生の健康に大きな影響を与えます。

子供たちがたくさん歩き、体力や身体がうまく使えるようになること。そして今後の人生が健やかに悪れることを心から願っています!


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


☆2021年7月レッスン・講座情報はこちらから。

>>7月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP