芝公園に残る戦災イチョウ~歩っとタイム番外編~

昭和20年の東京大空襲で焼け野原になった芝公園周辺。

そこに残る戦災イチョウの焼け焦げた木肌と、包み込むように大きく成長した姿には考えさせられるものがあります。

この戦災イチョウは、神谷町から港区役所へ向かう途中の芝公園第4号地にあります。

芝公園第4号地はもともと増上寺の方丈であり、5分も歩けば増上寺に行くことができます。 明治に入ってからは北海道大学の前身である開拓使仮学校となり、東京鉄道病院(JR東京総合病院の前身)をへて現在に至るそうです。

関東大震災を機に公園に編成、第二次世界大戦時には防空壕がつくられるなど、様々な地歴のある場所。

平和をかみしめる場所でもあるかもしれません。


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


☆2021年7月レッスン・講座情報はこちらから。

>>7月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP