オフィスサンダルのバックストラップを踏んでいませんか?

事務やパソコン作業をする方が良く履くオフィスサンダル、そのバックストラップを踏んで歩いていませんか?

このオフィスサンダル、選び方や履き方によっては転倒や捻挫をしやすかったりするので今日はそちらについて綴ってまいりますね!

オフィスサンダルは一日うちでかなり長い時間履くアイテムですから、以下の点で選び履きこなしましょう。

  • 左右から足の甲をしっかり覆ってくれているものを選ぶ
  • 自分の足のサイズとあっているものを選ぶ
  • バックストラップをかかとに合わせて調整しずり落ちないようにする
  • バックストラップを 踏んで歩かない
  • かかと部分の大きさが自分のかかととあっているか確認する

オフィスサンダルは 左右から足の甲をしっかり覆うスタイルで足が外に流れるのを防ぐようなつくりにはなっています。

しかしバックストラップをしっかりしなかったり大きなサイズを履いていると靴の中で足が泳ぐため、足をするように歩く癖がついたり、踏んだバックストラップにで滑ってしまい、足首をグキッとしてしまう可能性もあります。

買った後に自分のかかとに合わせてバックストラップを調整し足と靴を一体化させるようにして歩きましょう。最初は面倒ですが、やっぱり歩くのが楽!そして疲れにくく転倒や捻挫をしにくいんです。

またそもそもバックストラップを踏みたくなる方は、そもそもバックストラップというものが合わない足の形をしていることがあります。

かかとの出っ張りがなかったり小さい方です。そのような方はかかとをすべて包み込んでくれるような靴がいいですよね。

それでも踏み続けている方は、一番大切な土台を後回しにして目の前のことに追われがちな仕事の癖や思考の癖があることも。

これを機会に毎日履くオフィスサンダルと自分の足の相性を見つめ直してみませんか?

きっと、もっと毎日が快適で軽快になりますよ!


2021年3月レッスン・講座情報はこちらから。

>>3月レッスン・講座・イベント情報


voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP