歩く時のかかと着地、実はそこはかかとではない!?

「歩く時には踵(かかと)から着地しましょう」と聞いたことはありませんか?

私もスニーカーで歩く場合には踵から着地して頂くようお伝えしています。

実はこの踵が、意外とクセモノなんです。

もしかして踵から着地する位置、ここだと思っていませんか?

ここは、実は踵の”へり”。踵の端っこです。

踵は、足の裏の後部。イラストでいうと〇のついている部分です。

ですので「踵から着地」の踵とは、この部分から着地するつもりで歩くと捉えて頂きたいのです。

踵のへりを踵だと思い込んで、とにかく「歩く事はいいこと!」と力強く歩き続けることで、踵の骨が砕けたりひびが入ることもあります。骨密度が低くなった中高年以降の女性は特に注意です。

また踵のへりで強く歩く方は、思考の癖として正しい事・正論・一般論に引きずられる傾向があります。

踵と踵のへりの違いが分かればバッチリ!

でもこの踵から歩くのって実はコツがいるんです。知っておくと全く歩き方が変わります。

自分の歩き方を見直したことのない方は見直してみてください。きっと楽しく軽快に歩けるようになりますよ!


歩き方に現れる身体の癖・思考の癖を見直したい方はご相談ください。

>>歩き方診断


身体から見えない心のメッセージを読み解きたい方はこちらからどうぞ。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガもやっています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学


取材・監修等のご依頼・お問い合わせはこちらから

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP