●自分を確認する立ち方

げんこつ幅足を開き、半眼、または軽く目を閉じて立ってみましょう。

心のざわつきや、小さな振動があると、身体が小刻みに小さく震えふらつき、身体の重さを感じにくいものです。

自分を感じ、自分の存在を確認するなら、深呼吸をして足の裏の感触に集中し立つこと。

歩きだすのは、その後です。

>>メルマガもどうぞお読みください

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP