人やチャンスを惹きつける!ウォーキング効果・印象編

こんにちわ、歩き方コンサルタントの篠田洋江です。

「歩く姿が素敵!」街でそんな人を見かけたことはありますか?街で見かけると思わず目で追ってしまいますよね。 

ふだんの歩きを磨くと一気に印象も魅力がアップ!より際立ちます。本日はそんな印象にかかわるウォーキングの効果をお届け致します。

この内容は音声ブログvoicy、または下記の音声からお聞き頂けます。

【良い姿勢で歩くが前提】

今までウォーキングの効果「からだ編」「こころ編」とお届けしてきました。が、この2つとこの印象編が違うのは、良いフォームで歩くということが前提条件になるということです。「からだ編」「こころ編」 も良いフォームで歩く方が効果的なのですが、厳密には必須ではありません。

・・ということを前提にしてお話ししてまいりますね!

<ウォーキングの印象への効果>

  • 若々しく見える
  • キレイでかっこよく見える
  • スタイルがよく見える
  • 信頼感や安心感があり仕事ができそう
  • 人とチャンスを惹きつける

総じて、魅力的ということですね!それではひとつひとつお話をする前に、先に「 良いフォーム」についてポイントをお伝え致します。

<良いフォーム>

  • 視線:視線をどこにむけるかによって頭の傾き加減が変わってきます。特に年齢を重ねると、だんだん視線が下がってきやすいもの。だからこそ視線をまっすぐ前にするだけでも姿勢が変わります。
  • 身長を+3センチに:3センチ身長が伸びたと思って、背筋を伸ばしてみましょう。この時に上半身だけで伸びようとすると胸が開きすぎてしまいます。足から3センチをつくるつもりでお尻とおなかに力を入れてのびます。
  • 踏み込みとキック:前になった足でしっかり踏ん張り、後ろになった足ではしっかりキックしてけりだす。これは歩きの大きなポイントで、意外とちゃんとできている人は少ないものです。踏ん張る時には足裏全体で着地し、キックとの時には親指の先までをつかいましょう。

以上の良いフォームをおさえつつ印象への影響を紐解いてまいりましょう。

【印象への影響はいいことばかり!】

●若々しく見える

「歳を重ねると、誰もが背中が丸くなる」これは全人類が知っていることです。つまり人種や国に関係なく、猫背で背中が丸まっている人は歳を重ねた人だと、誰もがあたりまえに判断するということ。どんなに若くても猫背で歩いていれば、歳を重ねているように見えるということで、逆に姿勢が良ければ若々しく見えるというわけです。


●キレイでかっこよく見える

例えばスカートであればヒザを擦り合わせて歩くことで上品で美しい歩きになります。また後ろの足でしっかりキックすることで、横から見た時に自然とヒザが伸びるため、パンツスタイルの時には特に脚のラインがまっすぐに見えます。毎日の歩きが美しく颯爽とかっこよくあれば、嬉しいですよね!


●スタイルが良く見える

これは私がウォーキング指導をしていると、多くの方が感じることのひとつがスタイルの変化です。身長が2,3センチ伸びたという方も実際にいるほどです。例えばおなかを突き出して歩いていたり、ヒザを曲げて歩いていたり、ペタペタとペンギンのように歩いていたり・・という歩き癖がある方が、良いフォームで歩くようになると一気にスタイルがアップします。


● 信頼感や安心感があり仕事ができそう

視線をしっかり上げて快活に歩く姿は、やる気や元気、リーダーシップを感じさせます。また、ふだんの歩くということまでもコントロールしている、そこにまで気を遣っているということは自己管理や健康管理ができているという印象を与えることができます。

周りに与える自分の影響というものに気をつけている人は、歩き姿にもとても気を使っていますので、しっかりと仕事に対してコミットメントをしてるという印象が総じて感じられます。


●人とチャンスを惹きつける

良い歩きや姿勢は表情にも影響を与えるものです。例えばまっすぐ前を向いて笑ってみましょう。口角を上げてしっかりと。あがりましたか?

今度は下を向き口角を上げてみましょう。思い切りキュッとあげてみます。さてどうでしょう、どちらの方が口角上げやすく笑顔になりやすかったですか?おそらく前を向いた時の方が口角が上がりやすい、笑顔になりやすかったと思う方が多いと思います。

つまりふだんから下を向き視線をさげて歩いていると、いざ笑顔を作ろう、笑おうと思っても笑顔が作りづらいもの。「自分では笑っているつもりなのに怖いと言われる」ということがあれば、まさにこのような影響があると考えられます。普段から視線を上げて良い姿勢で歩くことによって、表情が豊かになり、笑顔あふれる人には人が惹きつけられる、そして人がチャンスを連れてきてくれるというわけです。

【最後に】

このように良いフォームで歩くことによって総じて印象的で魅力的になる、これは嬉しいですよね。

加えて、歩き方を変えることで自分がありたい・見せたい印象に見せるということもできます。例えばエレガントに見せたい時にはヒザのすり合わせをより意識的に、かっこ良く見せたい時には動きに緩急をつけるなど・・・歩き方や振る舞い方をちょこっとアレンジするだけで、より自分が理想とする自分に近づくことができます。

そんな自己表現のひとつとして歩くことを使うと、ふだんの歩く時間がもっと楽しくなりますよ!

今の自分の歩きや、印象的な歩きにご興味のある方は、歩き方診断やその他の講座ものぞいてみてくださいね。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP