なぜ、ウォーキングをするとやる気がでるのか。

朝歩いてから出社すると、大きな声でおはようございます!と言えたり、覇気のある受け答えができたり、思った以上にやる気がアップします。

ではなぜ、歩くとやる気がアップするのでしょうか。

以前「ウォーキングをするだけで幸せになる!?」という記事をアップしました。この時には幸福感・快感・爽快感・リラックスがキーワードでしたが、実はやる気もアップさせるのがウォーキングです。

というのも、歩くことにより、やる気の素と言える「ドーパミン」という神経伝達物質が脳内に放出されるからです。 ドーパミン は快感・ポジティブさ・意欲などに関係するため、ポジティブで意欲あふれる思考をもたらすといって良いかもしれません。

さらに外を歩くことをにより、美しい空・緑、風や鳥のさえずりを聴くという五感刺激でドーパミンが分泌されるため、やる気をアップさせるなら外歩きが断然お勧めです。

幸福感・ 快感・ポジティブさ・意欲!歩くだけでいっぺんに脳や神経、ひいては心によい影響を与えるウォーキング、あなたも日常の中に取り入れてみませんか?

歩くことと、脳・神経・心などの影響をきちんと学びたい方は、歩き方診断や、未来を歩く姿勢学などの講座・講義にお越しください。きっと思った以上の幸せのヒントがありますよ!


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP