凍結した地面・雪道での歩き方とケアの仕方

凍結した地面や雪道は、ふだんの歩き方と全く同じというわけにいきません。

気をつけていても滑るものですし、ふいに足をとられることもあります。

<雪道の歩き方・靴や服装>

  • ややひざを緩め、重心は前。目線は足元の少し先にやります。足裏全体をいっぺんにペタと地面につけて一歩一歩ゆっくり歩きます
  • リュックなどで両手を自由にしておくこと。
  • 靴底は滑りにくいもの。グリップが効くもの。例えば、ビスがうってあるものや模様がすべて同じではない靴を選ぶ。

足裏でしっかり地面に着地することが大変重要です。

そしてこのような歩きをした後は足首関節が固まっているため、足首関節、足指などのストレッチを行いましょう。

ふだんからブーツを履くことが多く、足首が固定されてしまう人にもおススメです。

<凍結面・雪道を歩いた後のケア>

  • 足首あげさげ:つまさきあげ、かかとあげを10回~20回繰り返します。
  • 足指グーパー:足の指を大きく広げたり小さくする運動です。

以上の体操は、雪道だけではなく冬の朝。

そして40代以降になると朝の起き抜けに関節がきしむと感じる方も多いはず。 そのような方にもお勧めです。

記録的な大雪に見舞われている地域のみなさんが安全に雪道や凍結した地面を歩かれますよう、参考になりますと幸いです。

どうぞみなさまご安全に歩いてくださいね。


☆2021年4月レッスン・講座情報はこちらから。

>>4月レッスン・講座・イベント情報


・voicy「毎日の歩きで進化するラジオ」

>>毎朝配信!「毎日の歩きで進化するラジオ」


・歩き姿に現れる身体の癖と内面心理を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


・一緒に街を歩きませんか?月1ウォーキングイベントで心身スッキリ!

>>東京てくてくさんぽ


・姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>オンライン健康講座


・メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


・取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>お問い合わせ・申し込み・監修/取材など


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP