歩き方がうるさい!は何が原因?

駅の階段をカッカと歩く人に思わず目を向けてしまうことはありませんか?

思わず「怒ってる?」「イライラしてる?」と聞きたくなるようだったりして。

今日はそんなうるさい音のする歩き方について綴っていきます。

●靴の問題

まず履いている靴の問題があります。

  • ミュール (かかとのない、サンダル履きのようなもの)
  • バックストラップ、かつかかとからストラップが外れているもの
  • ヒール部分が太いものや重いもの
  • ヒール部分の靴底が金属で補強してあるもの

ミュールは最たるもので階段の上り下りで音をさせずに歩くのは至難の業です。さっと履けて楽ちんなので、夏はとくに通勤にも重宝している、という方も多いのではないでしょうか。

ただ、 じゅうたんの上ならともかく一般のコンクリートの上では、正直ミュールで静かで美しく上品に歩く事は非常に難しいというのが私の見解です

またヒール部分を金属で補強したものは、ヒールのゴムが擦り切れて何度もヒールの修理に行く・・なんてことをしなくて良いのでこちらも楽ちんなんですよね。ただ金属ですので歩き方によっては金属音が鳴り響いてしまいます。

●歩き方

音がうるさい!の原因の大きなひとつが歩き方です。

ミュールの場合は、靴が歩行についてこないためどんなに装飾が素晴らしくても難しいのですが、靴ベルトといわれるベルトをした上でのこの項にでてくるポイントを意識してみてください。

ヒールの場合は「足に必要以上に力を入れて歩く」「 階段や地面に足を叩きつけるように歩く 」という歩き方が多く見られます。

本来力をいれたい部分に力を使えておらず、足の力を無理矢理使って歩きますので、関節への負担や不要な筋肉をつけることになります。これは避けたいですね!

階段の上り下りにポイントをしぼった歩き方をお伝えします。さっそく明日から、いえ今日から歩き方を見直しましょう!

  • 肚(丹田)・・・下っ腹のあたり。に力をいれて姿勢を正す
  • ふとももの後ろ側を使って足を出す。(意識!)
  • 肚 でコントロールして足を置く。(バンッ!と置かない。そっと置く)
  • 体重を一気に前足にかける

●このような靴や歩き方をする方の心理・癖

うるさい歩き方というのは、まさに心理や感情を現わしている面もあれば、身体的な面を現わしている面もあります。

人は怒りや鬱憤を、その心理的な圧を四肢を動かすことで圧を抜こうとします。殴る蹴るなんてまさにそうかもしれませんが・・。

そのような意味では、足や手という四肢をコントロールセンターである肚でコントロールできていない=感情を晴らしたい、うっぷんが溜まっている、焦り、怒りなど、心が平和とは言えない状態であると考えられます。慢性的に心に余裕がないかもしれません。

身体的には慢性的な疲労です。疲れてくると姿勢が崩れたりだらっとしたくなりませんか?疲れてくるとしっかり自分の身体をコントールができなくなるため、重くて硬いものを上から叩き落すような四肢の使い方になってしまいます。

疲れている時に明確にでるのが身体の癖、思考の癖ですから、簡単にまとめると心身どちらかかいずれかが慢性的に疲れている状態で心に余裕がなく、何をやってもいまいちうまく回らない状態だと思われます。

これからの夏は慢性的に疲労がたまりやすい季節です。

疲れ切る前に身体の癖、思考の癖を歩き方診断で見つめ直してみませんか?

思考=心理が変わると歩き方も変わりますよ!きっとその時のあなたにピッタリの意外な発見があると思います。


コースの内容やどのコースが良いか直接相談したい方はこちら。

>>無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?日常の歩くことから心身を整えます。

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP