猫背で水泳のタイムが落ちる?

「子供の水泳のタイムが落ちたんですが、姿勢と関係ありますか?」

これは4,5年生の女の子をもつ保護者の方からの質問で、小学校での姿勢教育講演後に受けたものです。

姿勢と水泳のタイムの関係、実はあるんですよ。まさに猫背が可動域に影響しています。

試してみましょう、まず世界一猫背な人になってみて、クロールをしてみてください。両手で水をかくように。次に姿勢を良くしてクロールをしてみましょう。

いかがですか?姿勢を良くすると腕を大きくクロールをめいっぱいすることができますよね。

猫背になると、腕の可動域が小さくなり、姿勢を良くすると可動域が大きくなる。特に後ろへの回りやすさが違いますよね。

特に成長期、思春期の女の子は胸が膨らんでくる時期ともあいまって、やや猫背になりやすいことも影響していると私は思います。

また胸に限らず、身体的にも精神的にも、隠したい・恥ずかしい・私なんてという思考から猫背になる傾向があります。

子供たちには、やりたい事や イキイキとできる場所でめいっぱい楽しんでもらいたいですね。

いくつになっても、子供の頃の思い出は色あせない生きる糧になりますものね!


コースの内容やどのコースが良いか直接相談したい方はこちら。

>>無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?日常の歩くことから心身を整えます。

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP