猫背だと実は呼吸困難を起こしているかも?

夕方になると呼吸が浅いと感じることはありませんか?

性格が暗そう、老けてみえるという印象以外に、猫背だと一種の呼吸困難の状態を引き起こしている場合があります。

それは背中の部分が猫背になっている「背中猫背」というタイプの方に多い症状です。

背中猫背は、まさに背中が丸まっており、肺や呼吸器官を圧迫した姿勢です。

試しに、思い切り下を向いて背中を丸めてください。息をすべて吐き切ったらこれ以上入らないというところまで息を吸います。吸いきったら姿勢を良くして肺一杯に息を吸い込みましょう。

そうなんです、姿勢を良くすると猫背の時よりも息が吸い込めますよね。

つまり背中猫背の方は夕方になるにしたがって背中のカーブがキツクなり、肺一杯に酸素を取り込めない状態になっているというわけです。

また背中猫背の方は、心配事やストレスがかかると胃が痛くなったりやや神経質。思い込みが激しかったり実は好き嫌いがハッキリしている傾向も。

新鮮な空気を胸いっぱいに吸って、思いっきりいい仕事、いい遊び、いい毎日を送りませんか?

おひとりおひとり猫背の解消方法は違います、生活が違うんですもの。 自分にあった猫背改善方法を知っておくと、これからの毎日がとても爽快になりますよ!

姿勢や歩き方が気になったら、どうぞ篠田までお気軽にメッセージくださいね。


歩き方や姿勢など直接相談したい方はこちら。

>>30分無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP