男性経営者のプロフィール写真、気を付けるポーズ

プロフィール写真を撮ったことがありますか?

プロフィール写真が必要な方というと、経営者の方や婚活をされている方などが多いかもしれません。

今日はその男性の経営者の方で多く見かける「腕組みをするポーズ」について書いていきます。

腕組みのポーズは、例えば

  • 威厳や貫禄、プロ感
  • 仕事ができそう、頼りになりそう
  • なんとなく。

という意図があり腕組みのポーズが多いのかもしれません。

このような魅せ方にプラスして、使用目的(何に使う写真か、誰にみてもらいたい写真か)を考慮の上でポーズを決めることを私はおススメしています。

使用目的(何のために写真か、誰にみてもらいたい写真か)を考慮の上でポーズを決めることを私はおススメしています。

なぜなら、そのポーズが示すメッセージが目的とあっていなければ意味がないからです。

例えば婚活されている男性の方で多いのは、やや横向きになった自然なポーズかと思います。もちろん腕組みはしませんし目の表情も変わりますね。

これは婚活シーンでは、威厳や貫禄より、親近感や人柄が伝えたいからポーズが変わるんです。

婚活かとビジネスは分かりやすい例ですが、使用目的によりポーズから伝えたいメッセージも変わる良い例だと思います。

加えて自分の魅力が本当にそのポーズで惹きだされているかということも視野に入れると撮影すると、写真が変わってくると思います。

このような点も踏まえ、この腕組みポーズを取り入れたいと思われたら、以下の点に注意しましょう。

  • 肩や肩甲骨を下げる。
  • 肩が前に入っていないかを確認する。
  • 腕の高さが高すぎないかを鏡で確認する。

今回は腕組みを取り上げましたが、他のポーズも使用目的を考えることは変わりません。

実際の写真を見せてもらいながら調整し、納得のいく写真をご用意くださいね。

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP