過去から学び今より一歩先の未来をつくっていく~区役所アート・江東区編~(歩っとタイム)

こんにちわ、歩き方コンサルタントの篠田洋江です。

東京23区の区役所アートから区の魅力を発信する区役所アートめぐりも14区目。今回は隅田川と荒川に囲まれた区、江東区を歩いてみた。

すごい・・・インパクト!

江東区には豊洲、有明のような近代的なタワーマンションが立ち並ぶ場所もあれば、下町風情がのこる深川もある。

この深川には江戸以降に活躍した有名人もおり、例えば「南総里見八犬伝」の滝沢馬琴の生まれは深川だし、伊能忠敬が江戸に上京して住まいを構えたのも深川である。

そんな深川を歩くと、古き良き下町風情もありながら、まるで新鮮な自分になれるような感覚もでてくるから不思議だ。

本日はそんな江東区の区役所アートをピックアップ!のぞいてみよう。

>>しのだひろえの歩っとタイム「過去から学び今より一歩先の未来をつくっていく~区役所アート・江東区編~(歩っとタイム)」

きっと今までと違う発見があるはず。そしてまち歩きで実際に歩きたい方は、レッスン情報やウォーキングイベント情報のサイトものぞいてみてくださいね。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP