危険!スカートで座るときに脚が開いちゃう!?身につけておきたい裏技とは

週刊スパの記事より 引用元:http://nikkan-spa.jp/858736

週刊スパの記事より
引用元:http://nikkan-spa.jp/858736

●身の周りに潜む「泥棒にも三分の理」

タレントの神田うのさんがベビーシッターから窃盗被害を受けていたというニュースをご存知の方も多いでしょう。この時、マスコミからコメントを求められた女医の西川史子さんは「泥棒にも三分の理がある」としてちょっと話題になりました。「泥棒にも三分の理」とは、泥棒にもそれなりの理由はあるという意味のことわざ、つまり「高級なバックや貴金属を目の前においておけば、盗りたいなという気持ちを起こさせるものだ」という感じでしょうか。これと同じことが実は日々の電車の中でも起きているとしたらどうでしょう。

●あなたは大丈夫?

電車の中で脚を大きく開いて座っていませんか?夏になりスカートは短く薄くなるのに、電車の中で脚をガバッと大きく開いている姿を見かけると、他人といえどひやひやするものです。これこそ「泥棒にも三分の理」。目の前に座った男性にスカートをちらちら見られてもそれは仕方の無いこと。あらぬ気を起こさせないように、脚を閉じてキレイに座っていてほしい、同じ女性としてはそう思ってしまうものです。ある男性向けの雑誌で「正面に座った女性が、何センチ脚をひらけばパ○ツが見えるのか」というバカバカしいけれど、誰もが気になっている特集がされる程、電車の中のスカート問題は男性にとっても気になる話題のようです。

●こうすれば脚が開きにくい。

ここで言いたいのは、「脚をとじて座りましょう」ということではありません。わざと見せようと思って脚を開いて座る人はいませんし、自分がそんなに脚を開いているなんて気がついていないものです。ヒザをあわせて座るのは内転筋をはじめ、日々意識しないと使えない筋肉を使いますから、意識していてもなかなかできないものでもあります。スカートの時に足が開いてしまう・・そんな方に、ヒザが開きにくく、またキレイにも見える座り方をお伝え致します。

1.ヒザをつけ、足同士を合わせる。

2.片方の足を一歩後ろに引く。

3.後ろの足のつま先を少し斜めにする。

●立ちでも座りでも使えるキレイな足の位置

実はこれ、「キレイな座り方」として普段レッスンでもお伝えしている足(足とは足首より下を指す)の置き方でもあります。足の置き方には色々ありますが、足を少しづらすことで、足同士をぴったりつけるよりも体を支える面積が増すので安定し、また脚を前後するので、前から見た時にヒザ同士がくっついてみえ、すりやすくもなります。そしてこの足の置く位置は、細く見える立ち方と同じ足の位置でもあります。立っていても座っていても使えるこの足の置き方は、思いのほかキレイに上品に細くみえますから女性にとっては鉄板のワザといえるのではないでしょうか。こんな小さなキレイへの意識が全体の印象を左右します、誰でもキレイになれるワザ、ぜひ今日から使ってみてくださいね。

歩き方診断でもレクチャーしていますので、どうぞご相談ください。


歩き方や姿勢など直接相談したい方はこちら。

>>30分無料オンラインカウンセリング


歩き方を見つめ直してみませんか?

>>歩き方診断


姿勢が子供の成績や集中力に影響する事を知っていますか。

>>身体コーチング™体験講座


メルマガも発行しています。

>>「立ち姿で惹き付ける大人の姿勢学」


取材・監修・コラム等のご依頼・お問い合わせはこちらから。

>>ご依頼・お問い合わせ


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP