足をひろげて座っていませんか?美しい歩き方・立ち居振る舞いのポイント

これからの季節はスカートが増えてくる季節。また、今はスリムなシルエットのパンツが多く脚のラインが目立つということもあります。性別関係なく。入学式を始め、人前にでる機会も増えますし新入社員としてこれから社会に飛び立つ方も多いでしょう。

今日は、特に女性の方にとってとても役に立つ、「美しい歩き方・立ち居振る舞いのポイント」についてお話します。とにかくまずはここを気を付けるとしては「ひざ」です。

まず、美しい立ち居振る舞いとしては、「立っている時にも座っている時にも ヒザをつける」

例えば、電車の中で足をひろげて座っている人を見かけたことはありませんか?スカートでガバっと足がひろげていると、対面に座った時につい目が行ってしまうこともあります。この足をひろげてしまう。ということにはいくつか理由がありますが、とにかく足をピタッとくっつけているだけで、その佇まいは美しく品よく見えます。

立っている時にヒザをつけるのは、難しいかもしれません。これは足の形によるもので人それぞれ。ただ日々の姿勢や歩き方という身体の使い方によってつくられたものであれば、今すぐとはいかずとも形は整っていきます。大丈夫、それを信じて毎日の姿勢や歩きを整えましょう。

そして美しい歩き方という点では「ヒザをすり合わせる」。後ろ足を前に出す時に、前足のヒザに後ろ足のヒザを擦り合わせながら前に出すというものです。「この歩き方では、ぐにゃぐにゃした変な歩きになりませんか?」と言われますが、ぐにゃぐにゃする程全身を使えるなら、それはそれでいいエクササイズといっていいくらい。思ったよりちゃんと歩けます。

ただ、座りでいるところの足をひろげてしまうような、足同士を引き寄せる筋肉が弱い場合は、歩く時にもヒザを擦り合わせにくいと感じるもの。この足同士を引き寄せる筋肉を鍛えることが、もっとも根本的であり大切ということになります。

この筋肉を鍛えることは姿勢を良くする事にも繋がります。こちらの記事も参考になります。

音声でもどうぞ↓

ヒザをつけて足を閉じて座るだけで、よりその方の魅力が際立ちます。聡明で美しいあなたの佇まいにひかれる人もきっと多いはず。 あなたの魅力を際立たせるためにも、まずはヒザをつけて立ち座り歩いてみてくださいね!

その他歩き方で悩んだらいつでも篠田までご相談ください。


関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP