60代からの頑張らない歩き方

力強く頑張った歩き方をしていると、膝が痛くなったり負荷を大きくかけてしまうかもしれません!

力強く頑張った歩き方というのは、 前足でどっこいしょと身体を前に持ってくるような歩き方。

これは長年の「頑張り」の癖のようなもので、重くなった身体や動くにくくなった身体をなんとか動かそうと足が本当によく頑張ってくれている歩き方。と思っています。

長年、家事育児・ストレスの大きな仕事、家族の為に・・・と頑張ってきた方こそ、歩き方にも力が入っています。

私は、60代以降のみなさんには、本当に自分がやりたいことに力を注ぎ人生を謳歌して頂きたいと心から願っています。

これはその後に続く50代、40代へのメッセージであり、やりたいことをやっている姿は未来と希望を与えてくれるからです。

大好きな趣味でも、必要とされ働くことでもなんでも、やりたいことをして笑顔でいてほしい。

その為に、これまでの頑張り癖は手放しませんか?

そして本当に自分がやりたいことに向けて力を注げるように、身体の負荷を軽くしていきませんか?

歩き方と歩くための体操も取り入れて、自分のやりたいことをしていく身体と心にしてきましょう。

地方・団体・中高年以降の体操や歩き方など、まずはお気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせはこちらからお気軽に

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP