歩みを相手に合わせるな、自分の道を歩むんだから

「歩みを相手に合わせるな、自分の道を歩むんだから」

調整している、周りを見て自分を決めている

そう感じる歩きがあります。

スピード、着地、動きすべて。

本当はもっと力を発揮できる大胆さと勇気をもっているのに、それを自分で押し殺しているような歩き方。

きっととても頭の良い人、機転が利く人、品がある人、人の気持ちを汲み取ろうとする人。

だからこそ、”自分を調整する”

もっと大胆になっていい、本当は嫌いなのに努力して好きになろうとしなくていい。「でも、根はいい人だから」なんていう言葉でごまかさなくてもいい。

嫌いなものは嫌いだ。

相容れないものはいれない。

必要ないものはない。

切り捨てる勇気をもとう。

心の中でバッサリと。

「なぜ嫌いなあなたのために、この私が、この私が、この私がよ!調整しなくてはならいないのかいねぇ」(笑)

一度その気持ちで歩いてみれば、歩く時の力強さが変わることを感じるはずです。

これは一例ですが、

もうその大胆さと勇気をだせる段階にきていると思う方には「自分を調整するのはふさわしくない」とフィードバックしています。

歩みを相手に合わせるな。

自分の道を歩むんだから。

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP