簡単に言えば「見ている方が苦しい」

簡単に言えば「見ている方が苦しい」

これはちょっと私にしか分からない感覚かもしれないんですけれどね。

歩き方にでているんです。

ああ、これは理想と現実のギャップが大きいんだろうな、
ジレンマを感じているんだろうな、と。

例えば仕事を極限までいれたり、自分の仕事ではないのに引き受けたりということはありませんか?

また、仕事以外の何を進んで引き受けたり、忙しいはずなのにさらに自分を忙しくするような動きを、常にする。

確かに新しい経験を積めるし、スキルを生かせると思うんです。でも、自分の土台が安定していないうちにこれをし続けていると、本当に向き合わなくてはいけない問題か解決していきません。さらに時間の余裕ができることに罪悪感を持ち、ますます何かをし続ける。

こういう状態が何気ない歩き姿にでているんです。

身体全体の連携がうまくいっていなくて、お顔はにこやかなんだけれど、頑張っていますと伝わってくる。それ以外の色々なもののも伝わってくるですが、書くとながいので割愛。

すごくすごく簡単に言えば「見ている方が苦しい」。

私が見た時点でそうということは、何年もその状態は続いていると思います。

悶々タイムはきつい、でも思い切って時間をとらなくてはならない時はやってくる。その時に私の事を思い出してほしいし、相談してもらいたいと思っています。

状態は必ず変わります(^_-)-☆

関連記事一覧

最近の投稿

PAGE TOP