猫背には5種類ある~③腰猫背~

こんにちわ、歩き方コンサルタントの篠田洋江です。

さて、今日は「腰猫背」の話です。

腰猫背とは、

・座ったときに、腰の部分が特に大きく丸くなる

状態です。

腰猫背が続くと、腰の椎間板ヘルニアなどにつながることも。

【腰猫背による症状】

※炎症などを起こしている場合は別。姿勢の影響の可能性として。

※骨盤のゆがみによるものを含む

・下半身のしびれ、お尻、足など。

・生理痛

・下痢や便秘

など。

胃より下、下半身全体に症状が出ることが多く内臓にも影響がでてきます。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP