客観的な視点が欲しいと思いました【ご感想】

こんにちわ、歩き方コンサルタントの篠田洋江です。

「なりたい自分について今までも考えましたが、自分の中だけで完結していて結局何も変わりません。客観的な視点が欲しいと思いました。」

これは本日は個人コンサルティングを受講くださった方の受講のきっかけです。

自分がどうなりたいのかは、頭だけで考えていても結果がでてきません。また正解はないと分かっていながらも、つい正解を探してしまうものかもしれませんよね。

身体という見えるものをコントロールする、それさえできないのに見えない心をコントロールすることはできません。コントロールというととても難しいことのように思うかもしれませんが、動きの基本である歩きというシンプルなことから自分の思うように動かす、そこから新しいアプローチでの「なりたい自分」がで見えてきます。

身体から心をコントロールする。その具体的な方法などを学びたいと思ったら歩き方診断のサイトものぞいてみてください。


関連記事一覧

最近の投稿

月別アーカイブ

PAGE TOP