「なぜ歩き方が変わると心が整うのか」

自分らしく歩む未来は、日常の歩き方からつくられる

未来を自分らしく歩みたいと思っているあなた、今の歩き方を見つめなおしてみませんか?

未来を自分らしく歩むには、自信と覚悟と余裕がある心が必要です。

自信と覚悟と余裕がある心は、
自らの足で立ち、自らの方向を決めて歩くことから生まれます。

この歩き方が、まさに自分らしい歩き方です。

自分らしい歩き方を手に入れるには「素」を整える必要があります。

なぜなら、歩き方にはその人の「素」が現れるからです。

さあ日常の歩き方から「素」を整え、未来を自分らしく歩んでいきましょう。

ひとつが変わるとすべてが変わる

篠田のメソッドでは、身体と感情、精神は三位一体「 ひとつが変わるとすべてが変わる 」と捉えています。

例えば、嫌なことがあってイライラしたり怒っている時は、怒りの矛先が他人や周りに向きます。心拍数は上がり身体は熱くなり動きは強くなり歩きも音を立てるように強く歩きます。

穏やかで視線をあげて颯爽と歩くことで、心拍数は落ち着き気持ちの整理がついてきます。長く歩くことで前向きな志向になるでしょう。

このようにすべては繋がっているのです。

何気ない日常の歩きから、もっと健やかな心身を養っていきませんか。きっとごきげんでいられるヒントがここにあります。

歩くことの効果

① 身体を整える

身体を総合的に整えます。
高血圧の改善、冷え性の克服、心臓を強化する、骨を強化する、肥満を解消する、美肌効果、美脚効果、脂質異常症・動脈硬化の改善、肝機能の改善、糖尿病の改善、腰痛の改善、よい睡眠を導く

② 心を整える

歩くという単純な動作は、瞑想効果もあり、動く瞑想といえます。
脳の働きが良くなる、幸福感や快感、やる気を高める、リラックス効果、気分転換、ストレス解消・ストレス予防、活力向上。

③ ライフスタイルを整える

忙しい人生を生きている人にとって歩くことは非効率です。
だからこそ、歩く時間を確保できるライフスタイルは余裕のある人生といえます。歩くから見つかる情報や人と出会うチャンスがあります。

 

 

PAGE TOP